中村歌昇改め三代目中村又五郎襲名披露、中村種太郎改め四代目中村歌昇襲名披露『第四十七回吉例顔見世』昼の部@御園座(11:00〜) 2F-16-6


南総里見八犬伝 芳流閣の場 利根川の場
犬塚信乃:種太郎改め歌昇/犬山道節:海老蔵/犬田小文吾:廣太郎/犬塚毛野:米吉/犬村大角:吉之助/犬江親兵衛:種之助/犬川荘助:松江/犬飼現八:染五郎/他
大薩摩、屋根の上大立ち回りに続くがんどう返し、だんまり、六方の引っ込み、と歌舞伎ならではの演出オンパレードで見応えありました。でもやっぱ海老蔵の台詞まわしは苦手。歌舞伎じゃない時は声の良さもあってさほど気にならないんだけど。なぜ歌舞伎になるとああなのか………。
種太郎君改め歌昇君は、私が言うのもおこがましいけどホントに上手くなりましたねえ。お父様に似た通りの良い声で、誰かさんと違って(爆)台詞も聞きとりやすい。台詞まわしには定評のある播磨屋の芸の後継者には何よりです。


一條大蔵譚 檜垣 奥殿
一條大蔵長成:吉右衛門/鬼次郎女房お京:芝雀/吉岡鬼次郎:染五郎/八剣勘解由:由次郎/勘解由女房鳴瀬:家橘/常盤御前魁春/他
吉右衛門さんの妙技を堪能。それにつきます。


口上
歌昇改め又五郎/種太郎改め歌昇/幹部俳優出演
久々の吉右衛門さんの「隅から隅までずいーーっと乞い願い奉りまする〜」。前は6年前の魁春さんの時でした。口上は良いですね。めでたい上に、役者陣の裏話とかプラベ話とかが本人達の口から聞けるし。盛ってるだろ、なことも想像したり(笑)。染ちゃんと海老蔵の「又五郎さんにフカヒレ奢ってもらった、もらってない」とかね。
播磨屋の更なる繁栄をお祈り申し上げます。


寿曽我対面
曽我五郎:歌昇改め又五郎/曽我十郎:梅玉/小林朝比奈:三津五郎/大磯の虎:福助/近江小藤太:錦之助/八幡三郎:種太郎改め歌昇/梶原平三景時:桂三/梶原平次景高:市蔵/化粧坂少将:右之助/鬼王新左衛門:歌六工藤祐経團十郎/他
曽我ものの中でも苦手中の苦手。すぐウトウト(汗)。絵面でビジュアル的には見所多しなんだけども。ウトウトしつつも、声の良い歌昇改め又五郎さんの台詞の度に復活(おいおい)。