『 中村芝雀改め 五代目中村雀右衛門襲名披露 七月大歌舞伎 関西・歌舞伎を愛する会 第二十五回』夜の部@大阪松竹座(16:00〜)  3F-3-22

鬼一法眼三略巻 菊畑
奴虎蔵実は源牛若丸:梅玉/奴智恵内実は吉岡鬼三太:橋之助/笠原湛海:亀鶴/申し次腰元白菊:宗生/皆鶴姫:孝太郎/吉岡鬼一法眼:歌六
この演目、いつも途中で記憶がなくなる(汗)。だいたい鬼三太の台詞が聞こえると起きる。


五代目中村雀右衛門襲名披露 口上
芝雀改め雀右衛門 幹部俳優出演
改めまして、雀右衛門さん襲名おめでとうございます。
何故だか秀太郎さんが顔をあげたところで笑いが起きる松竹座。皆さんが何かを期待している(笑)。でも割とフツーに終わったと思う。孝太郎さんが立役姿で口上。藤十郎さんが以前に比べるとやはり声に衰えが。我當さんは後ろで黒子さんが支えてる状態で、なんとか口上を述べられてました。お年とはいえ大丈夫なんだろか。


鳥辺山心中
菊地半九郎:仁左衛門/遊女お染:芝雀改め雀右衛門/坂田市之助:橋之助/仲居お雪:竹三郎/若党八介:松之助/お染父与兵衛:團蔵/坂田源三郎:鴈治郎/遊女お花:秀太郎/他
これ実際、前半部分はどうでもいいというかおまけというか(暴言)、後半の道行がメインだと思うんですけど、仁左さまだとそうでもなく(こらこら)全てが見所。


芋掘長者
芋掘藤五郎:橋之助/友達治六郎:錦之助/緑御前:児太郎/松ヶ枝家腰元松葉:芝のぶ/菟原左内:宗生/魁兵馬:種之助/松ヶ枝家後室:友右衛門
初見。大正7年から今回含めて9回の上演。『棒しばり』的な楽しい演目なのに、上演回数が少ないのは『棒しばり』同様、踊りが大変だからだろか(爆)。
去年の歌舞伎座では三津五郎さん追悼で、巳之助君が治六郎・はっしー三津五郎さんがやってた藤五郎。親子で観たかったねえ(涙)。いやごめんなさい。楽しく観れましたよ。いい打ち出しでございました。私的に久々の芝のぶちゃんがいいお役で嬉しい。